占いの平均相場や特徴|無料で見てくれるサイトがある!夢診断にチャレンジ!

占いの平均相場や特徴

手のひらの水晶玉

占いの平均相場は、およそ15分で2000円程度になるとされています。これは業界全体での価格相場が決められていますので、企業として活動している場合はだいたいこの範囲内に収まるようになっています。 しかし高額になりやすいポイントと言う物があって、例えば非常に高名な占い師などは平均相場を大きく上回る料金が必要になります。 また個人で活動しているかたも自分で料金を設定していますので、平均相場を逸脱した料金設定になっている事があります。 さらに、一日2〜3人しか占えないような方も料金は高額になる傾向が見られます。ただしこの場合はじっくりと相談に乗ってもらますので、料金に見合った内容になる事が多いとされています。

占いの最大の特徴と言えば、断言しない事になります。これは占いと言う物が基本的にはアドバイスになる事が理由で、例えば何かをすれば問題が解決するなどと言った断言はしないようになっています。 一般的に占い師は何かをする事で事態が良い方向に進むようになると言った表現を使いますので、多くの場合は利用者が判断する形になっています。 また、受け取り方によって様々な解釈ができるような言葉も使います。なので基本的には占いと言う物は答えをもらうものではなく、ヒントをもらうために利用すると言う特徴があります。 なお中にはハッキリと断言する術者もいらっしゃいますが、その場合は非常に経験豊富な的中率の高い術者になるとされています。